ロゴ
HOME>Column>口腔内コンプレックスを解消!インビザラインで歯列矯正

口腔内コンプレックスを解消!インビザラインで歯列矯正

白い歯

インビザラインで出来ること

食べ物を噛むたびにアゴに痛みが走る時には、歯並びが悪くなっているせいで、アゴの神経が刺激されている可能性を考えて、インビザラインを使ってください。特殊なマウスピースを装着し続けているだけで、簡単に歯並びが綺麗になる矯正治療として、インビザラインは海外でも多くの方々が注目しています。手術などを行わなくても、簡単にマウスピースを装着する事ができますし、取り外しも簡単なので食事の邪魔にもなりません。一時的にマウスピースを取り外す事もできますから、矯正器具を見られたくない時にも困る事が無いです。東京の歯科では同じマウスピースを使い続けるのではなく、定期的に形状を微調整する事によって、短期間で歯並びを整えられるようになります。

マウスピース

インビザライン治療でかかる期間

矯正治療を始める前の歯並びによって、インビザラインを使った治療が終わるまでの期間は変化します。フル矯正の場合は1年から3年ほどの期間が必要になり、位置がズレてしまっている歯の本数によっては、1年かからず歯並びを矯正する事も可能です。部分矯正は半年から1年ほどで治療が終わる場合もあり、前歯だけを矯正するためにインビザラインを利用して、3ヶ月ほどで歯並びが綺麗になった人もいます。歯を固定している骨に少しだけ切れ目を入れてから、マウスピースを着用する事で、更に矯正治療の期間を短縮できます。矯正治療が終わった後には、歯の位置が戻るのを防ぐための保定期間というものがあり、矯正にかかった期間と同じだけリテーナーという器具を装着しなければいけません。東京の歯科はリテーナーの扱いにも慣れており、負担の少ないリテーナーを製作してくれます。